どこに住んでいても名古屋で印刷できる

subpage1

ネットやパソコンが普及していない時代では、鉛合金の活字を使って印刷する活版や版をゴムブランケットに転写するオフセットが主流でしたが、現代では、オンデマンドやデジタルが主流になってきています。

活版は、小ロットの葉書や名刺などで使われるくらいで影を潜めてしまいました。



オフセットは、大量のロット数を早く印刷できるため、今でもオフセット輪転機などとして活躍しています。

活版やオフセットに変わり、普及しているのがオンデマンドでデータを入力すれば、版下や製版の必要がなく、直接プリンターの用紙に転写してしまうので、小ロットで何種類もあるときには向いています。

カレンダーの作成についての情報を簡単に探すことができます。

今は、ネット通販で受注、印刷、納品ができ、版下を作り四色分解の製版をして色校正するという工程が無くなり、業界も様変わりしています。


例えば名古屋の印刷会社に、年賀状やパンフレットなどを頼む場合なども、ネット上でやりとりができ、全国のどこに住んでいようが、名古屋まで行く必要もなく印刷が可能なのです。
名古屋の会社が地元だけでなく、全国の地域のどんな仕事でも、受注できる強みを持ってきたということです。
そのために、競争も激化しているのも事実で、低価格でクオリティの高いものが要求されています。



差別化を図るために、24時間態勢で業務を行う会社も出てきています。ロット数の多い新聞などは、入稿はパソコンでして、刷るのはオフセット輪転機で行うといった形がとられます。

これからの生活

subpage2

イベントなどでCDを配ることが時々ありますけど、その時はCDジャケット印刷を依頼しなければいけません。そういう場合はネットを使って業者に仕事を頼むと、短期間で問題の解決ができることがあります。...

next

生活の補足説明

subpage3

CDジャケットはアーティストのこだわりを感じる事が多いですが、インディーズで活躍しているミュージシャンにとっても同じではないでしょうか。アーティストのこだわりをしっかりと印刷する為にもクオリティーの高い業者を選ぶ必要があります。...

next

驚く情報

subpage4

印象的なCDジャケットは心に残るでしょう。好きなアーティストやバンドのCDを思い出した場合、音楽よりも先にジャケットを思い出す方も少なくないでしょう。...

next

最新情報

subpage5

ビジネス用途として利用するカードには、名刺からショップカードやチケット、商品タグやスタンプカードなど、様々な種類があります。カード印刷をするには、印刷業者に依頼するか自作で印刷するか迷うでしょう。...

next