カード印刷をするなら自作か業者依頼のどちらがいいか

subpage01

ビジネス用途として利用するカードには、名刺からショップカードやチケット、商品タグやスタンプカードなど、様々な種類があります。

カード印刷をするには、印刷業者に依頼するか自作で印刷するか迷うでしょう。

カード印刷で、スタンプカード等に利用する際に、丈夫さを考慮してプラスチックカードにしたいとか、表面の保護や退色防止を考慮して特殊加工したいとか、チケットや回数券に利用する際に間にミシン目を入れたいという場合は、印刷業者に依頼した方がいいでしょう。
箔入り印刷や特殊な形の印刷で名刺を作りたい場合も同様です。



サイトに準備されているプレビューウィンドウから、好みのデザインを選び、印刷イメージを見ながら、修正することもできますし、テンプレートから選んでもいいでしょう。
サイズや用紙、特殊加工についても様々な種類が用意されていますので、選択肢も広がります。

会社のロゴマークやキャラクター、写真を入れる場合には、所定の形式でアップロードも可能になります。
紙製のカード印刷をする場合や、凝ったデザインや加工にしない場合で、プリンターが揃っていれば自作でも構わないでしょう。


コツをつかめば、手持ちのワープロソフトや表計算ソフトで作成できますし、カード印刷専用のソフトも販売されています。
また、適合するカード用のラベル用紙を持っていれば、用紙メーカーで無料のカード印刷用ソフトを用意している場合もあります。簡単なテンプレートやデザイン用の素材も、プリンターや用紙、ソフトのメーカー等で提供されていますので、好みの物を自由に選ぶこともできますし、好みのデザインを適合するファイル形式に保存して、使うことも可能です。



和紙などの特殊素材や、厚めの紙で丈夫に仕上げてある用紙、切り分けやすい加工がされているもの等、色々な用紙がありますので、好みで使い分けるといいでしょう。

カレンダーの作成を情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。